バチェラーデートとDine(ダイン)の違いは?向いている人や料金・年齢層など徹底比較

バチェラーデートDine(ダイン)は、煩わしいメッセージ交換なしにデートが可能な、先行型デートサービスです。

一見似ているように思われがちですが、実際には大きく異なる特徴を持つマッチングサービスとなっています。

この記事では、バチェラーデートとDine(ダイン)の違いを比較し、どのような人にそれぞれが適しているかを解説します。

バチェラーデートとDine(ダイン)|違いや特徴を比較

バチェラーデートとDine(ダイン)|違いや特徴を比較

Dine(ダイン)では、まず自己の写真をプロフィールに登録し、AIが日々10人の推薦された異性の顔写真を提示します

これらの中から興味を持った相手の登録している3つのレストランのうち1つを選び、デートの申し込みを行います。

マッチングが成立し、日程が自動で調整されれば、すぐにデートが実現します。

一方、バチェラーデートでは、写真の登録は運営による審査段階でのみ必要であり、プロフィールには掲載されません

自分がデート可能な日時と、希望する相手の条件を設定すると、AIが最適な相手とのデートを自動でアレンジします。

基本的に待っているだけで、デートの予定が決まります。

バチェラーデートの特徴は、実際にデートして相手に会うまで、その人の顔がわからないことです。

Dineはデートの場所をユーザーが選び・バチェラーデートは自動的に設定

Dineはデートの場所をユーザーが選び・バチェラーデートは自動的に設定

Dine(ダイン)では、希望するレストランを3つリストアップしておき、マッチングした相手がその中から1つを選んでデートのリクエストを送ることができます。

マッチング後、日程が自動調整され、運営側がレストランの予約も代行するため、最小限のやり取りでデートが実現します。

対照的に、バチェラーデートでは、利用者は事前に利用可能な日時と、銀座や新宿などの大まかなデートエリアの希望を登録します。

その後、AIが自動的にデート相手とレストランを選定します。

レストランの予約は利用者が行う必要がありますが、場所選びに関してはAIが行うため、利用者はそれに関して心配する必要がありません。

バチェラーデートは相手からの評価が確認できる

バチェラーデートは相手からの評価が確認できる

バチェラーデート独自の特徴として、相手による評価が明確にされています

このサービスではデート後に相手からの評価を入力するシステムがあり、2回のデートを経験して評価が蓄積されると、相手からの評価がAIのアドバイス付きで送信されます。

これにより、客観的に自分がどのように見られ、評価されているかを知ることができるのは、バチェラーデートのみの特長です。

バチェラーデートには高スペックな人々が多い

バチェラーデートには高スペックな人々が多い

Dine(ダイン)は、身分証明書による本人確認のみで加入可能なため、誰でも参加しやすくなっています。

しかし、バチェラーデート完全審査制のアプリであり、登録後に運営による厳しい審査があります

通過率は10%程度と言われていますが、一般的な職業に就いていれば問題はないとされています。

審査プロセスは二段階で、最初は運営による審査、その後デート参加後の相手からの評価に基づきます。

このように、バチェラーデートの審査基準はDine(ダイン)に比べて厳格です。

Dine(ダイン)の料金設定は、比較的安価

Dine(ダイン)の料金設定は、比較的安価

バチェラーデートでは、女性には無料で提供されている一方で、男性は月額9,800円の有料プランを利用します。

このプランでは週に1回自動的にデートが設定されるため、価格に見合う価値があるかもしれませんが、それなりのコストがかかります。

一方、Dine(ダイン)では、マッチング後のコミュニケーションを行うためには、マッチした男性と女性のどちらかが有料会員である必要があります

通常、男性が有料会員になることが多く、その料金は1ヶ月6,500円からとなっており、バチェラーデートよりも低価格です。

Dine(ダイン)はどんな人に向いている?

Dine(ダイン)

特に外見を重要視してパートナーを選ぶ人

Dine(ダイン)の独特な点は、毎日画面上に10人の異性が表示され、ユーザーはスワイプしながらこれらの異性を外見で選ぶことができることです。

もし相手の外見が非常に重要であると考える人にとって、Dine(ダイン)は間違いなく最適な選択です。

よりカジュアルな出会いを求める人

Dine(ダイン)は、気軽な出会いを求める人に人気のあるサービスです。

婚活よりもカジュアルな恋活や、すぐにデートができる相手を探すのに適していると言えます。

デートを重視したマッチングアプリの特性上、食事のパートナーを探すなど、もっと気楽な出会いを求めるユーザーに特に向いています。

もちろん、Dine(ダイン)を使って真剣な婚活を行うユーザーもいますが、恋活目的のユーザーも多いため、その点を理解した上で利用することが望ましいです。

バチェラーデートはどんな人に向いている?

バチェラーデート

高スペックな人とのデートを望む人

バチェラーデートは、年収が1000万円以上の大企業勤務者や経営者など、高収入の男性が利用する傾向にあります。

女性ユーザーも、キャビンアテンダント、秘書、看護師などの職業に就いている方が多いです。

高いスペックを持つ人々との出会いを求める方には、バチェラーデートが適しています。

デートの相手と場所の選定をAIに任せたい人

Dine(ダイン)とバチェラーデートの共通点は、面倒なメッセージのやり取りが不要なことです。

しかし、デートの相手と場所をAIに全て任せたい方にはバチェラーデートが適しています。

Dine(ダイン)では、互いにマッチングしなければデートは実現しませんが、バチェラーデートでは日時を登録するだけでAIが自動的にすべてを決定してくれます。

相手を自分で探したり、顔写真を選んだり、レストランを探す手間が省けるため、より効率的に活動できます。

客観的な評価を得たい人

バチェラーデートでは、デートを重ねるごとに評価を行い、また評価されるシステムが設けられています

この評価を通じて、AIはあなたの好みを学習し、アドバイスを提供します。

自分の婚活に対する客観的な評価を知りたい方には、バチェラーデートが適しています。

バチェラーデートとDine(ダイン)の違いまとめ

バチェラーデートとDine(ダイン)は、異なる特徴を持つマッチングアプリです。

Dineでは、ユーザーは自己の写真をプロフィールに登録し、AIが提示する10人の異性から選択しデートを申し込みます。

マッチング後、日程は自動で調整され、運営側がレストランの予約も代行します。

対してバチェラーデートは、写真登録は審査のみで、ユーザーはデート可能な日時と条件を設定し、AIが相手と場所を自動で決定。面倒なメッセージ交換が不要で、効率的なデート設定が特徴です。

バチェラーデートは、相手からの評価が確認できる点も異なります。デートごとに評価し、AIが好みを学習しアドバイスを提供するシステムです。

客観的な自己評価が得られ、高スペックな人々が多いことも特徴。

一方、Dineは身分証による本人確認のみで、より気軽な出会いや外見を重視する人に適しています。Dineの料金は比較的安価で、男性が主に有料会員になる傾向があります

要するに、Dineは外見重視でカジュアルな出会いを求める人に、バチェラーデートは高スペックな相手や客観的評価を望む人に向いています。

また、バチェラーデートではデートの相手と場所をAIに任せたい人に適しているのに対し、Dineはもっと積極的に選択を楽しみたい人向けです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です